simplicityパフォーマンス追求広告

二万円超のトースター BALMUDA the toasterが我が家に届くまで

今年の中頃まで出張で北海道に毎週のように通っていた。その出張の甲斐あって我が家にやってきたのが、これだ。
BALMUDA the toaster バルミューダ
BALMUDA the toaster。噂のヤツだ。

感動のトースター BALMUDA The Toaster

経緯

本題はさておき、経緯をば。なぜBALMUDAの高級トースターなどという我が家に不釣り合いなものがやってきてしまったのか。

JALマイルの使い道

会社で出張に行く場合、ANAとJALのどっちかで行くことになるんだが、俺はほぼJALばかりを使っていた。理由は「みんなでクラスJ無料キャンペーン」(というようなの)が有って、法人で搭乗する場合クラスJへのアップグレード(1,000円)が無料になるってキャンペーンだ。クラスJの快適さは素晴らしく、もう俺はJALばかり乗るようになっていた。
さて、暫く乗るとマイルがだいぶたまってくる(有難いことに我が社はマイルは個人に付けて問題無い)。溜まってくるとは言え、さすがに家族で国内旅行できるもほどの量は無く、何となく汎用性の高そうな「JALクーポン」というのに交換しておいた。

JALクーポンの使えなさよ

以前ANAマイルをANAクーポンに交換した時は、なかなか使い易かった。新千歳空港のANA festaでそのまま使えるので、ちょっと贅沢なお土産として1万円分ぐらい北海道の冷凍ホタテ、ホッケ、シャケ、ベーコンなど買いあさったものだ。

きっとJALクーポンも似たような物だという勝手な思い込みから安易にクーポン変換を選んだのだが。。。

JALクーポン特典 ¦ JALマイレージバンク

おおぅ。。。使えるところが少なすぎる。。。特に結構充実しているネットのJALショップで使えないのが悲しすぎる。
JALショップ

こんなことなら。。。クーポンに変換するんじゃなくて、スマートウォッチに替えておけば良かった。。。

マイルをスマートウォッチに交換! ¦ JALマイレージバンク

30,000マイルをクーポンに換えた直後にこのキャンペーン気付いたんだよな。スマートウォッチは別に欲しくはないんだが、他のと比べたらネタぐらいにはなりそうだし。

マイル交換先の選定

さて、そんなわけで我が家に来てしまった36,000円分クーポン(10,000マイル=12,000円分クーポンになる)。嫁さんに交換先を選んでもらおうと思い、飛行機からJAL SHOPカタログを持って帰ってきた。

嫁さんの選んだのは、以下のような感じ。送料なども計算に入れて、こんな感じらしい。

  • オーガニックなスキンケアセット 5,000円ぐらい×5
  • 美味しそうなチョコレート 3,000円ぐらい×2
  • ロキシタンのハンドクリームセット 4,000円ぐらい×1

まぁ、基本は娘の為に使ってみたい高級オーガニッククリームを入手するために大量注文って感じだ。チョコとハンドクリームは蛇足。

これをセコセコと冊子の後ろの封筒に書き込み、中にクーポンを入れて、簡易書留で発送!書留が面倒で結局発送まで1週間ぐらいダラダラした。

Oh…JALクーポン。。。

そして暫く経つ。嫁さんとは「今度JALから来るから、アロベビーとか追加で買わなくも大丈夫だね!」とか期待しつつ会話していた。
そんな折、俺の携帯に電話が。JALUXより。
JALUX「指定された商品は機内販売用商品で、通販用商品じゃないんですよー」

え。。。あのカタログそんな区別有ったの。。。?どうやら、後半の方にあるスタイリッシュ()な物らだけが通販の対象らしい。
クーポンを返却するか、カタログから選び直すか、の選択を迫られるが、もはやJAL SHOPのカタログなんて捨ててしまった。一応聞いてみたら、以下のカタログで選べる物が対象らしい。(アゴラは除く)

カタログ一覧 ¦ JALショッピング

こんな便利なのがあったなら最初から教えてよ。。。JAL SHOPも通販分だけし絞られており、俺みたいな不幸な勘違いを起こさない。
クーポン送るのに簡易書留の金も掛かっているし、クーポン返されても、JALに乗る機会があるかも分からない。
とりあえずカタログから選び直すことで、クーポン取り置きしてもらった。

疲れ果てた夫婦に光が

正直JALUXとのやり取りの後は絶望に包まれた。嫁さんと夜遅くまで時間を割いて何とか選んで送ったあの苦労が何の意味も無いなんて。。。
恐る恐る嫁さんに電話し、カタログを見てもらうことにした。このカタログがまたいけてない。pdfとかダウンロードさせてくれれば楽なのに、重い、遅い、たまに勝手に戻ると悪夢のよう。

そんな時、我々の目の前に颯爽と舞い降りたのが、これだ。

バルミューダ ザ トースター

普通なら絶対に買わない。確かに我が家にはトースターが無く、度々嫁さんにトースターを買おうと相談されていたが、場所的な問題もありなかなか手が出せていなかった。しかし、通常3,000円ぐらいが関の山のトースターが、何と24,732円である。トースターが20,000円分、どんな価値を提供してくれるというのだ。。。

注文確定!

36,000円分のチケットを持て余す我が家には何とも「お手頃な価格」だったため、購入決定。

残りも以下の全くコスパの悪さだけが際立つ物体で埋める。

  • 5,400円の風呂椅子(100円ショップの200円風呂椅子がカビてしまったので、しっかりとしたのが欲しかった)
  • 3,780円のカレンダーチョコレート(12月に24枚のチョコレートでクリスマスカウントダウンできる)

普段なら買わない物で埋め尽くされて、まぁいい感じだ。JALUXに電話して注文。1週間ほどで届くらしい。



その後、稼働までの道のり

なんやかんやで凄く時間が掛かった。初回届いたバルミューダは、水を入れる蓋の部分がゆがんでいたので返品交換。

バルミューダ ザ トースター オープン

1週間後、交換品でやってきたのだが、これまた全体的に歪んでいる。

バルミューダ ザ トースター ゆがみ全体

いやー、単にトースター、ってだけならまぁこんなもんかで済ませるが、20kオーバーの製品でこの建て付けは頂けない。
と言うわけで二度目の返品。
建て付けはなんか2,980円のトースターと大差ないので、ちゃんと見て納得いかなければ返品しましょう。

三度目はJALの人が一度開封検品後に送ってきたようで、問題無い感じになった。
いやー、長かった。疲れたよ。。。

バルミューダ ピザトースト

でも、このトースター、マジで価値はあったと思う。レビューは別途。

次記事

バルミューダで感動のパンを 【感覚レビュー】
BALMUDA the toaster。24,732円というトースターとしては驚愕の値段ながら、なかなか売れているらしい。我が家の家計的...
スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大
AdSenseレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大