simplicityパフォーマンス追求広告

子供の手洗い習慣改善に ノータッチ泡ハンドソープ

ただいま2歳の娘の手洗いうがい。インフルエンザも流行ってくるし、娘もやんちゃ盛りで外では色々触ってくる。しっかり毎回洗いたいところだが、結構これが大変だ。なんとか改善できないかと考えていた時の救世主が、「ノータッチ」だ。

現状の流れ

  1. 娘用の足場を準備 ()
  2. 足場に上る (娘)
  3. そのままではハンドソープまで届かないので娘を抱えてあげ、ハンドソープをプッシュ ()
  4. 手洗い (娘)
  5. 水を出してすすぎ、水を止める (娘)
  6. 娘用コップを取得 (娘)
  7. 水を出してコップに注ぎ、水を止める (娘)
  8. うがい (娘)
  9. コップを戻す (娘)
  10. 足場の片付け ()

親の主な登場シーンは3回。これが結構大変なので改善できないかと考えていた。特に「3. 娘を抱えてあげ、ハンドソープをプッシュ 」は、だんだん重くなってきた娘を片手で抱えつつ、もう片方の手でハンドソープのプッシュ、なかなかの重労働だ。
ハンドソープはメルサボンのホイップを使っている。これが案外プッシュが堅くて、娘の力ではまだ押し込むのは難しい。

手にハンドソープを取る

やはり娘を抱えながらハンドソープをプッシュする、と言うところに厳しさがある。と言うことでアプローチは2つ。

  1. 娘が届くところにハンドソープを置く
    まぁ、娘を抱える前にハンドソープをたぐり寄せれば良い。
  2. 娘が自分で出せるハンドソープにする
    娘を抱えてあげれば、自分で出して手を洗えるようになる。

取りあえず1.で、近くに寄せてから娘を抱えていたんだが、良く忘れて抱え上げてからたぐり寄せたりと何となく手間が掛かっていた。
2.でプッシュが軽いのを探そうかと思ってもいたんだが、そんな俺の前に現れたソリューションが、これだ。

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ

この値段で、ノータッチが実現できるなんて!まぁ、間違いなくプリンタのインクカートリッジ系の詰め替えボトルで回収するモデルは組まれているだろう。250mlで500円近くするので、結構高い方だろう。

なお、普通の詰め替え。

ざっくり倍ぐらいって事だ。
まぁでも、自動で出ることで、使いすぎを防止したり、詰め替える手間が掛からない等のメリットもある。

また、多少工夫すると、「ミューズ ノータッチ 詰め替え」等で検索すると出てくるように、自力での継ぎ足しなども色々出来る様子。

取りあえず購入してみた

届いたので簡単に評価など。

ミューズ ノータッチ 泡ハンドソープ パッケージ

届きました。こんな便利そうでガジェット的にも面白そうな物が、たった1,000円ぐはいとは恐ろしい時代になったものだ。

しかも電池も付いている。

ミューズ ノータッチ 泡ハンドソープ 電池

即使えて便利。単3×四本はちょっと多い気がするが、重りの役割も果たしているのかも。電池投入口はゴムパッキンされていて、多少の防滴加工となっていそうだ。

デザインは。。。サイズ感とかは良いんだが、微妙。色も白の方が良かったかなぁ。

ミューズ ノータッチ 泡ハンドソープ 設置

正面下の「ミューズ」っていう文字はなんとかならなかったのだろうか。。。あと、詰め替えボトルの形とかはもっと工夫すればデザインにこだわったオサレ手洗い場とかにももっとフィットしただろうに。(我が家は特に問題ないが)

使った感じはこんな感じ。

まぁスムーズである。キュルーっという音も心地良いし、出る量もちょっと少なめな感じで適正。
蛇口もノータッチになると最高だなぁ。

まとめ

娘に使わせてみたが、凄く楽しんで使ってくれるし、自分で出せるのも大喜びだ。凄く良いです。ランニングコストも多分そんなに高くならないんじゃないかと想定。
どうしても気になれば自己責任で詰め替えすれば良いしね。

後は、

  • デザインがもうちょっとよければ
  • おなかに付いている黒い部分はセンサーと勘違いしがちだが、これは単なるランプなので、センサーはソープ射出口あたり。これもデザインが微妙。

ぐらいが改善されると良いなぁ。

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大
AdSenseレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大