simplicityパフォーマンス追求広告

Amazon定期おトク便が「普通」になった(改悪??)

Amazon定期お得便、オムツをAmazonで購入している人ならきっと使っているだろう。定期おトク便は今まで、定期とは名ばかりの無制限利用ができた。だが、今月辺りから定期おトク便を使ってみると。。。普通に「定期」お得便となっていた。

今までどうだったの?

今までのAmazon定期おトク便の無制限ぷりはおかしかった。具体的には

  • 追加分の発送をしても割引適用。すぐ発送される。
  • 定期おトク便で申し込んですぐ発送、即キャンセルしても何も問題無し

つまり、「定期」という名前を冠しつつも、「随時」利用可能。しかも、定期おトク便経由で注文するだけで割引きされるというただトク状態のサービスだった。

あえて言えば、プライム会員でもお急ぎ便ではなくて通常便で発送される、という点ぐらいが通常注文に劣る部分だった。

どうなったか

かなり制限が付き、「定期的にある程度の品数利用すればおトク便」になった。

  • 発送日が月毎に固定の日付でないと割引対象外
  • 1度に3品発送でないと15%割引がきかなくなった(2個でも10%割引)

当然ながら「追加分の注文は全く割引無し」だ。

3品以上まとめて割引

3品以上まとめ発送にすると、こんな感じで割引アピール。

Amazon定期おトク便 まとめ割引適用

リンクをたどると割引条件の提示。

Amazon定期おトク便 まとめ割引条件

なので、こんな感じだと、もう一品入れてしまいたくなると言う状態に。

Amazon定期おトク便 まとめ割引2個

ただ、オムツや飲み物はそもそも対象外だったりと案外と条件は難しい。

追加分の発送

追加分の発送をするとどうかるか、というと。

Amazon定期おトク便 追加分の発送前

安いねパンパースまとめ買い!と思いながら追加分の発送を押すと。。。

Amazon定期おトク便 追加分の発送前

特に安くないね!
ということになる。

まとめ

Amazon定期おトク便の割引条件変更。まぁ、以前と比べると「改悪」と言って良いだろう。ただまぁ、定期おトク便という名前らしいサービスにはなったので、特に異論は無い。まとめ買いとかみたいなものだ。

ただ、Amazonの「凄ーくお得なサービスを提供して、市場を荒らして消費者を捕まえたら、その後さっくり条件変更して普通のサービスにする」ってモデルはずるいなぁ。変更後の条件は以前の凄ーくお得なサービスからは劣るんだけれど、一般的なサービスと比較して劣っているわけではない。
まぁ、Amazonはその収益を再投資して別のサービス還元するモデルなんだから、有難く恩恵に預かるのが消費者としてはベストなのか。。。

まぁ、今までほぼ追加分の発送しか使っていなかった俺の定期おトク便の8割はキャンセルしておいたw

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大
AdSenseレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大