simplicityパフォーマンス追求広告

ダイソンのスティック型V6 motorheadレビュー【設置方法】

さて、我が家にdyson V6 motorheadがやってきたわけだが、早速ダイソンから新商品の発表が有った。

ダイソン V8

主な差異は以下。

  • 吸引力15%向上
    まぁ、これはさして気にするような物でも無いだろう。
  • 音を50%低減
    駆動音を聞いてみたい気はするが、現状の音でそこまで気にするほどの事は無い。
  • ダイレクトドライブ(animal pro)とソフトローラー(fluffy)の2ヘッド体制に
    motorheadはクビに。小さくて小回り効くヘッドも良いと思うんだがなぁ。
  • 強モードが使い易く
    多分使わないから問題無し
  • ゴミ捨てが楽ちんに
    いやー、使ってみて思うけど、売り文句と違ってゴミ捨てめっちゃやりにくいのね、dyson V6。全然パカッて開かないし、開けてもなかなか落ちてこないし。V8は上部にレバーが付いて、中身がスポッと上に抜けるときにスクレイパーで削ぎ落とす。これは良いね。日々のゴミ捨て労力低減ですわ。
    この辺りの記事が分かり易い。
    新コードレス掃除機「Dyson V8」。強くなったしゴミも捨てやすくなった ¦ GIZMODE
  • バッテリーが40分持つように
    これは良い。まぁ、20分で納得して買ってるから良いけど。実はV8用のバッテリーパック買ったら40分持つようになったりしないかしら。。。?

まぁ、良いんだけどね!motorheadが良かったし!でもちょっと待てばもっとV6安くなったかなー。

高いよね!

前記事

ダイソンのスティック型V6 motorheadレビュー【購入まで】
結婚祝いに義両親から頂いた我が家の掃除機 東芝VC-CG311。掃除好きな嫁さんの相棒として長らく頑張ってくれたのだが、ヘッドがお亡くなりに...

さておき設置方法

気を取り直して、ダイソン購入の決定打となった設置方法。壁掛けにはディアウォールを使って挑戦!

dyson 壁掛け設置用具セット

用意したのは以下。

  • ディアウォール 1,000円強
  • ステンさらタッピングネジ 5mm×30mm 150円ぐらい
  • 2×4材 89mm×38mm 高さは天井高マイナス45mm 800円ぐらい
  • キリ 108円 (写真無し)

2×4材にdyson付属のブランケットを当てがって印を付け、錐で穴を開けてタッピングねじで固定。100円ショップの錐とドライバーで全く問題無く止めることが出来た。
dyson 壁掛け ねじ固定

後はディアウォールを2×4材の上下に付けて、納戸に突っ張る。イマイチだったのは「-45mmの高さ」。ユルユルでスペーサーに加えて色々詰め物する羽目になった。-40mmで良いと思う。
dyson 壁掛け ディアウォール

さすれば、バッチリ床のスペースも確保できるほどよい高さに配置完了!
dyson 壁掛け 配置後

まぁ、実際は配置してみた後に充電ケーブル通し忘れているのに気付いて、再度外して付ける事になったのだが。。。
dyson 壁掛け ケーブル通し忘れ

設置後

凄く良い。

  • 高さはちょっと高めで大人には抵抗なく、子供は本体に手が届かない。
  • 納戸にスッキリ収まるので普段見えない。ACアダプタも納戸内に設置したので、外に出ているのは延長コードだけ。
  • 結構出っ張るけれど、何しろ床が空いているので、下に物が置ける。

賞味30分ぐらいと3,000円弱でこのスペース効率、最高!

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大
AdSenseレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大