simplicityパフォーマンス追求広告

嫁さんの回線を格安SIM mineo にした理由

まあ、ずばり6ヶ月間データ通信料無料キャンペーンだ。ファミリープラン系を検討したけれど、俺が現在契約しているIIJmioではそこまで大きなメリットもないし、むしろ手続きの大変さだけがついて回るので、結局「その時お得な契約」にした。あと、mineoは以前の6ヶ月間無料キャンペーンで俺自身が契約していたこともあり(回線が不要になり6ヶ月で解約したが)、安心感があった。

そんなわけで、契約した流れと、それぞれのポイント。

前の記事

なぜかiPhone7の予約開始日にiPhone SEを購入!
一ヶ月ほど前、嫁さんのXperia A2 SO-04Fが壊れた。防水なのだが、海へ入ったときに、パッキンなどが弱っていたせいか、水没して死亡...

契約の手続きはスピーディーかつ簡単

おおまかな流れは以下の通り。

  1. 現状確認
  2. 契約先選定
  3. mineoのエントリーパックを購入
  4. docomoのマイページでMNP予約番号を取得
  5. mineoに新規回線の申し込み
  6. 2~3日でSIMが届いたら、MNPの回線切り替え

現状確認

  • やりたいことはdocomo→mineo(など)へのMNP切り替え
  • 旧機種 Xperia A2 (micro SIM)、新機種 iPhone SE (nano SIM)で、SIMカードサイズが異なる
  • 旧機種は利用不能、docomoの通信回線(SIM)は生きている
  • 代替機としてタブレット(micro SIM)有り

契約先選定

候補としてはIIJmio(BICSIM)とmineo。他、freetelやBIGLOBEなんかもは候補としてはあったが、あまり時間が無い事もあり、面倒を避けたかったので契約したことの有る2つに絞った。

IIJmio

利点は何といっても、データシェアプラン。安定した速度や、ずっと俺のメイン回線として使い続けている安心感も有るが、特筆する事は無い。ということでデータシェアプランを検討したが、予想通り茨の道だった。

ファミリーシェアプラン 料金 お申し込み方法 ¦ IIJmio

このページはいろいろなケースに分けて丁寧に書いてあり、非常に分かり易い。俺の場合、「すでにIIJmioをご利用中のお客様」の「(4)すでにミニマムスタートプラン or ライトスタートプランをご利用中の方がファミリーシェアプランの追加SIMをみおふぉんに変更する場合」に当たる。さらに、追加の回線はMNPだ。
となると、手続きは以下のようになる。

  1. 俺の契約回線をファミリーシェアプランに変更 (翌月1日反映)
  2. 嫁さんの回線の契約名義を俺の名義に変更 (たぶんdocomoの窓口に行かなきゃできない)
  3. MNP転出予約して、IIJmioに申し込み (契約は翌月1日)

ちなみに、「(3)すでに異なった名義で複数回線ご家族でご利用の場合」にも有るとおり、一度別名義でIIJmioと契約してしまったら、その後統合は不可能だ。

この時点で「まぁ無いな」という感じではあるが、価格の確認。

  1. ミニマムスタートプラン×2 (¥900(3GB)+¥700(音声回線))×2 = ¥3,200
  2. ミニマムスタートプランで音声SIM追加 ¥900(3GB)+¥700×2(音声回線) = ¥2,300
  3. ライトスタートプランで音声SIM追加 ¥1,520(6GB)+¥700×2(音声回線) = ¥2,920
  4. ファミリーシェアプラン ¥2,560(10GBシェア)+¥700 ×2(音声回線) = ¥3,960

俺の昨今の使用状況を見ても、ミニマムスタートプランの3GBでパケットは余りまくっているので、「2. ミニマムスタートプランで音声SIM追加」 ならそこそこコストメリットは出そうだ。ただ、上記の通り、1日切り替えとなるため、docomoの2年縛り解除月を超えるかもしれないし、手続きも非常に面倒。嫁さんのiPhone使えない期間も長期間化してイライラだ。
データシェアをしないとなると、まぁ普通の契約だ。しかも今後統合できることは無い。

mineo

利点は何といってもキャンペーン。

今なら864円(税込)×6ヵ月割引!mineoでスマホ代を更におトクに!

月々800円を割り引いてくれるので、4,800円割引。
家族割も額は少ないながら非常に柔軟で、三親等以内ならそれぞれの回線で-50円。もちろん、個別に回線契約でOKだ。

  1. IIJmio ミニマムスタートプラン (¥900(3GB)+¥700(音声回線)) + mineo デュアルタイプ(d) (¥1,600) – 割引 (¥800) = ¥2,400 (6ヶ月間、以後 ¥3,200)

ということで、3GBを2人でシェアする価格には及ばないが、即契約できるし、その後俺がMNPすれば-¥50×2の割引が受けられる。

これが一番丸い案だろうと考えた。

mineoのエントリーパックを購入

まず、ヨドバシカメラでmineoエントリーパックを入手した。これはMNP切り替え手数料など含む事務手数料を1,000円にできるので絶対にお得。ただ、どうしても即日開通したい場合は、SIMカウンターなどの有る店舗での手続きとなり、3,240円の切り替え手数料がかかる。エントリーパックの場合、SIMカードは郵送なので、数日のタイムラグが発生する。

ただ、今やSIMカード到着後にMNPの手続きは可能なため、回線切断期間は1時間程度。どうしてもMNPで即日開通がいい、と言うケースは今ではかなり限定的だろう。

旧回線が使えない or 旧機種が使えず、新機種とSIMカードサイズが違うなどで新機種で旧回線が利用できない

と言うような状態で、代替機や代替回線が無く、かつ2~3日回線が無い状態は耐えられない、と言う場合のみだ。

今回の嫁さんの状態は上記の通りで、もう数日間代替機で頑張ってもらうことで出費を抑えることにした。現在育休中で家に居ることも多く、wifiさえ繋がっていれば新機種も十分使えるというのも大きな理由だ。

まぁ、多分即日MNPの手続きも俺が代行することはできないので(回線名義は嫁さんのもので有るため)、実質不可能だったと言うのも有る。

docomoのマイページでMNP予約番号を取得

ネットワーク暗証番号を忘れているとかで無ければ容易だろう。適当なWebを探して嫁さんに「これで取っといて!」で出来た。

docomoから他社へ転出する際のMNP予約番号発行手順(My docomoのみで完結編) ¦ Time to live forever

きちんとまとめてくれているページ、ありがたや。

mineoに新規回線の申し込み

Webから申し込み。エントリーコード、MNP転出予約番号、本人名義のクレジットカード、本人の証明書を準備して登録。

念のためmineo のチャットでMNP時に俺のクレジットカードで支払い登録できるか聞いてみたが、やっぱりNGとのことだった。さすがにねー。

Webでの申し込みは10分ほどで完了。前にも新規回線はやったこと有るし、簡単だった。

  1. エントリーコード入力
  2. 個人情報、プラン入力
  3. MNP予約番号、電話番号入力
  4. 支払い情報入力
  5. 本人証明アップロード

本人証明は、初めてマイナンバーカードを役立ててしまった。

2~3日でSIMが届いたら、MNPの回線切り替え

2016/09/09(金)の昼ぐらいに申し込みを完了して、2016/09/11(日)の昼過ぎ、mineoから切り替え用のSIMカードが到着。マジ早い。

早速mineoのマイページから、MNP切り替えの申し込みをして待つこと30分ぐらい。

iPhoneSE SIMカード挿入

あっさり開通。ついに嫁さんのiPhone SE生活が幕開けしたのでした。

まとめ

  • 格安SIMのファミリープランはそこまで凄いメリットは無い(元々安いから)
  • 契約するならお得なキャンペーンをやっているところで

mineo

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大
AdSenseレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大