simplicityパフォーマンス追求広告

NuAns NEO reloaded レビュー 【カバー類が届いた】

NuAns NEO reloadedが到着したその日に注文してから長らく待ったTWOTONEカバー、ようやく届いた!

NuAns NEO reloadedカバー箱

選んだのは上パンチングスエードで、下ウオッシュデニム。派手に主張せず、ある程度カジュアルな感じで。。。といったところ。

まずは並べてみた

まずはしばらくお世話になった半透明カバーを外す。外してみると案外と傷が結構できてるなぁ。

NuAns NEO reloadedカバー外した

パンチングスエード、何か思ったよりも黒っぽいグレーだな。。。しかも、「NuAns」のロゴが予想以上に目立たない。
ウォッシュデニムは色味は予想通りでいい感じなのだが、何か真ん中がすごく盛り上がっている。ボトムカバーはこういうもんなのか?フィット感を高めるための何かだと思っておこう。

装着!

NuAns NEO reloadedカバー 背面

うむ、想像していたより地味だな!やっぱパンチングスエードが予想外に色が濃かった。色味を気にするならスムース系の物にするべきかなぁ。

さて、付ける前からそんな気はしていたが。。。

NuAns NEO reloadedカバー デコボコ

やはり、ぴったりフィットしているトップカバーに対して、ボトムカバーは真ん中が膨らんでいてフィット感がイマイチ。
センターに段差もできて正直気になる

NuAns NEO reloadedカバー ボタン近辺

また、デニムの方はバッチリな仕上げ(ほつれは仕様なので)だが、パンチングスエードの加工は微妙
。際のあたりがヨレヨレしている。

ついでに、今までの透明カバーと比べると生地の厚みの分盛り上がっているので電源や音量ボタンがちょっと押しにくくなった。これはまぁ、慣れだろうか。

ツートーンカバーの感想

やっぱりこういうデザインの遊びができるのは良い。
でもクオリティは。。。正直携帯アクセサリ本流のメーカーなのだからこの辺りはもうちょっと頑張ってほしかった。上下で段差が付く形状(素材の厚さの差は構わないが、ボトムの形が歪んでいるせい)、際の処理がガタガタというのは、上下で3千円ぐらいとそこそこ値段が張るカバーの割にチョットな。。。

ついでに液晶保護フィルム

元々端末は裸が基本と思って使っているのだが、結局ここ2世代ほど常に画面を割ったりしてしまっているので、最低限の防護策としてフィルムは貼っておく。割れるのは仕方ないが、割れても動作させ続けられる可能性が高くなるだろうというものだ。

純正NuAnsのカバーはあまりに評判が悪すぎるので、とりあえず普通に安いミヤビックスのやつを購入。

NuAns NEO reloaded 液晶保護フィルム ミヤビックス

液晶保護フィルムやシートを貼るのはあまり得意ではない(いつも気泡が残る)ので、嫁さんに貼り付けしてもらった。

NuAns NEO reloaded 液晶保護フィルム 貼付け結果

うむ、バッチリ!ちょっとだけセンターからズレていて、液晶表示域に隅っこが入ってしまっている。まぁそれほど気にしない方なので問題無し。でも、こういう時は純正の「絶対センターを守れる魔法のツール」はすごくいいな、と思う。

ただ、手触りは結構ザラザラした感じになってしまった。やっぱりガラスフィルムとかじゃないと、どうしてもイマイチになるなぁ。
まぁ、慣れ次第だし、反応が悪いとかってほどのもんではないのでとりあえずは良いが。
また、NuAns NEO reloaded対応のガラスフィルムが出たら考えよう。

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大
AdSenseレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大