simplicityパフォーマンス追求広告

HTC U11 life(Android One X2)レビュー − 1ヶ月使ってみて気になったポイント

さて、HTC U11 life(Android One X2)を使い始めてから1ヶ月経った。細々と気になったところなどの感想を。
HTC U12+も日本発売が決定して、おサイフケータイ対応、対応バンドも日本仕様、ノッチ無しとなかなか良さそうだ。まぁ、10万弱の端末は高すぎて手が出ないが。。。

「HTC U12+」がSIMフリーで日本上陸 おサイフケータイ対応 – ITmedia Mobile

前記事

HTC U11 life(Android One X2)のバッテリーに関してはやや諦めているのだが、とりあえず検証。 いやー、2,600mA...

エッジセンス

結局エッジセンスはOFFにした。感度を高くすればそれなりに「ギュッ」っと握ることで使えて、意識して機能を起動することは可能なんだけれど、いかんせん握るという操作は普段の片手持ちの状態から持ち直しが必要であまりシームレスな感じで使うことができなかった。
しかも感度を良くしたせいか、ポケットの中で勝手にカメラが起動されて太ももの辺りから「カシャッ」と音が鳴り響くことが何度もあった為、メリットよりデメリットの方がうわ周り、停止。

握って撮影とかも、、、結構強く握るのでブレるしなぁ。側面のセンシングならやっぱタップとかで使えるほうが良いかなぁ。ただ、誤動作多そう。
HTC U12+ではエッジセンス2となっていて、色々使い勝手が上がっているようだが、HTC U11 lifeの段階ではちょっと使用に耐えない感じであった。
側面ダブルタップとかで誤操作が少なそうであれば結構楽しいものになるのではないかと思う。

ベンチマーク

とりあえずAntutu benchmark V7.0.9にて測定。
結果92,691と、SnapDragon630としては妥当な結果か。

antutu v7 HTC U11 life

挙動不安定について

操作感について書いたときにも話題にしたのだが、どうも挙動がもっさりすることがある。NuAns NEO reloadedではあまり感じることがなかったので、HTC U11 life(Android One X2)特有なのかもしれないし、Android8.1の問題なのかもしれない。
タスク切り替えなどが遅くなる(おそらく全般的に動作が重くなっている)事がボチボチ発生している。

さて、カメラも快適で、外観も良く大変満足しているHTC U11 life(Android One X2)。日々操作していて気になったところ等...

再起動さえすれば快適になるので、なんとなくOSもしくはアプリが悪さしているのか。。。

なお、使っているランチャーはEvie Luncher。軽快で使いやすいが、相性悪かったりするのかな。。。?

Evie Launcher

Evie Launcher
開発元:Evie Labs Inc.

また、NuAns NEO reloadedでは頻発していた「カメラの起動が遅い、シャッター押しても反応しない」が一回だけ出た。おそらくHRD boostがずーっと回りっぱなしになったので、システムの応答スピードが極端に低下していた状態だと思われる。
再起動にて解消。再起動結構遅いんだよね、HTC U11 life(Android One X2)。

ハイレゾイヤホン

耳の形とかを感知して最適な音を出してくれるというこの機能。ただ、ケーブル付きのイヤホンを持ち歩くのも使うのも億劫なので、結局使っていない。
確かに音は良くなる気がするが、そもそも音量が全体的に上乗せされるので、他と比較して良くなっているのかどうか正直よく分からなかった。

あと、ノイズキャンセリング機能は本当におまけ程度。「静かになるかなー」と聞いてみたのだが、全然外部の音も聞こえてくるし、音楽を聞いている最中しかノイズキャンセリングが有効にならないので、単純なノイズキャンセリング効果を体感してみることもできない。
(その上ハイレゾ設定で音楽自体の音量もでかくなるのでより一層わからない)

音楽不要なら、飛行機で寝るときとかに試してみたかったんだけどなぁ。

太いケーブルのデカ目のイヤホンが気にならない人だったら良いかもしれないが、「こんなの付けなくていいから安く。。。」と思ってしまう。

そんなわけで

まぁ、気になったマイナスポイントばかり書いたけれど、概ね満足はしている。Android8.1のアップデートもちゃんと来たし、全体的にシンプルで使いやすい。
あとは、今後どれだけ不安程度が悪化しないかだけが気になるところだ。

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大
AdSenseレクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大