simplicityパフォーマンス追求広告

Welcome open SUSE

Knoppix であまりに気軽に以下のコマンドを実行した。

apt-get upgrade


大量に出てきたパッケージ群、「まぁいいか」と思い更新
起動しなくなりました(–;
まぁ、直す気にもならないへたれだし、いっそもちっと違ったものを入れてみようと思っていたところに、jp.openSUSE.orgがオープンしたとの話題。
SUSE Linuxってなんか”ノベル~”ってイメージしかなかったし、勝手にあんまりオープンじゃなさそうな印象を抱いていた。
しかし、名前がopenSUSEなんだ、オープンで無い訳が無い!
あと、なんかカメレオンが可愛くない。。。まぁ、それも愛嬌。付き合ってみると好きになるってのはよくあることだ。
SUSEカメレオン
[open SUSEロゴマーク / カメレオン…]
そんな訳で大したデータも入っていないKnoppixくんはサヨナラしてopenSUSE入れてみた♪


さて、まずはダウンロード…ってCD 5枚分も(☆o★;)!?
まぁ、そこは当然ネットワークインストールもあったので、起動用のCD一枚でOK。
早速インストール作業。
ほんとに最近のLinuxのインストールは楽だね~。
唯一うちの液晶ディスプレイ(SyncMaster 171MP)はそのままインストーラを起動すると「不正な信号です」となってしまうので、画面サイズをSVGA(800×600)に変えてインストール。
このへんはKnoppixのインストールでも経験済なのでブートオプションVGA=791を。。。どころか、なんとまぁ、普通にGUIで選べるんです。すげぇ。。。
Select Screen Size
[SUSE インストーラ / オプションは大抵選べます。日本語だし]
そんな訳で超楽チン。KnoppixはどうしてもLive CD用のをHDDに突っ込むってイメージだったので設定とかが多少必要になったが、openSUSEはその点最初っからガンガンHDDに突っ込めるので良いです。しかし、それなりに時間はかかる。
インストーラを一晩走らせておいたらネットワークインストールも終わっていた(予測には2時間ぐらいと出ていた)。しかし、さらにオンラインアップデートも行っちゃいますか?と聞いてくるので、当然”YES!”→もう1時間。
インストールが終わってあっさり起動。
起動したらSoftware Updaterが”77件の更新プログラムがあります”ってオイ!まぁ、便利だから良いが。
そんな訳でこれからはopenSUSE。ちょっとずつ慣らしていきたいと思います。
第一感想:
重い!Knoppixのデフォルトよりなんかスゴークもったり(Gnomeのデスクトップも試してみたがKDE以上に激しい重さだった…)。Celeron 2.4GHzはもうダメですか?
第一関門:
picasa for Linux起動しません。何もメッセージでないし、、、HELP!!
[openSUSE]
http://ja.opensuse.org/

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大
AdSenseレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大