simplicityパフォーマンス追求広告

映画 えんとつ町のプペルを見に行ってきた

いやー、久々の映画館に行ってまいりました、話題になっていた映画 えんとつ町のプペル!
キンコン西野亮廣さんの映画ということでニワカウォッチャーとして家族を誘って日曜に見に行ってきました。

まずは良かったところ

面白かった!何よりめっちゃ綺麗だった!特に背景の綺麗さはハンパない。フル3Dなんですって、すごいキレイよ。

ストーリーも色々ネタバレしているけど十分楽しめたし、大人が楽しめるのは間違いない。(子供にはそこまでかもしれない。。。)

音楽も声優も予想以上に良かった。俳優声優だけど全然違和感は無かったし、しっくり来た。町人Aは最高の見どころだったと思う。是非YouTubeとセットで見たいw

【ガチギレ】キングコング西野さんの“映画 えんとつ町のプペル”に出演した結果…ガチギレされました
https://youtu.be/aCy_RP-gJ4U

泣いた!。。。って言っても昨今キラッとプリチャンとかで号泣しているオジさんなので参考になりません。号泣ってほどにはならず。アントニオはいいね!

イマイチだったところ

  1. ちょっとテンポ悪い。これが一番気になった。初っ端のダンスや劇中歌が流れるところ、アクションシーン等がちょっと間延び感。カットしてもっと短くしないと子供にちょっと辛い。大人でも最近のアニメとかの展開に慣れている人なら「あれ?ちょっと曲長くね?」って絶対違和感あったと思う。

  2. 回想シーンへの切り替えが多すぎる。テンポとも似ているかもしれないけど、多分娘はよく分からなくなっていた。大人でもちょっと「ん?今どこ?過去?現在?」ってなった。

  3. エンドロール期待していたのに。YouTubeに公開されているエンドロールと違って、after story的なのが流れるんだろうな、と思っていたんだけど。。。え、あれ?正直公開されているエンドロールみたいな感じが良かったかな。。。

「映画えんとつ町のプペル」 エンドロール プペルができるまで展Ver.
https://youtu.be/Zee3uzE9DuM

あと、これはもう仕方無いんだけど、我が家の娘s(7歳、5歳)は怖がってちょっと駄目だった。プリキュアぐらいの明る目映像の戦いなら大丈夫なんだけど、ちょっと暗い絵柄で人に追われたりするシーンとか、嵐に巻き込まれるシーンとかは無理だったみたい。特に、上の娘は残念ながら途中て退出して通路から少し遠くで立ち見していたらしい。
そもそも席が結構前だったのが良くなかったなー。最初音がうるさくて完全に萎縮していた。可哀想に。これから映画見るときは最後列にしよう。
(なお、上の娘は家で見るディズニー映画とかでも怖がります)

総合すると。。。

すごく楽しかったし、綺麗だったし、良かった!
メッセージもすごく力強くて、なんとも言えない空気を打ち払いたい意思も凄く良かった!スコップは娘も気に入っていたw
久々に映画館に行ったけど、親はすごく楽しめた。子供は残念。仕方なし。

ただ、映画としての完成度というか、テンポが微妙で、最後がさっくりし過ぎて、、、歌系の間延びを削って、もう一歩明るい話やキャラの掘り下げ(火炎放射器持ったお姉さんが完全に謎の人物)が欲しかったなぁと。(次作に繋げたいのかもしれないけど)

どうしても批評というか文句のほうが多くなっちゃうけれど、個人的には本当に見に行ってよかったと思ってる!娘と一緒に行くときは、もっともーっと優しい映画にしようと思った。

えんとつ町のプペルの絵本も買ったよ

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大
AdSenseレクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大