simplicityパフォーマンス追求広告

メモリ到着☆

よーやく来ましたよ、1GBメモリ。
MacBookのデフォルトはメモリ512MB。しかし使ってみるとすぐ分かるのだが、明らかにメモリ不足。
アプリケーションの起動は遅いわ、切り替えは遅いわ…
Apple StoreからBTOで頼んでいれば、割と安価にメモリを追加できる(元々ついている256MB x 2を外すから)のだがそれでも良かったのだが、やはりkakaku.comを見てしまうと…
ちょうど俺が買った時はec-currentに特価品(保証書の日付が既に入ってしまっている新品)が有ったので、157,000 (定価179,800)という暴安価格。ポイントが付くところでも全く持ってこの値段には及ばない。
「まぁ、とりあえず使ってみてメモリ足りなそうなら足せば良いか」
ぐらいに思って購入。
→間違いでした。
世間の風評は正しく、512MBのメモリではかなーり苦しい…
そんな訳で即座に追加メモリを購入に走ったのですが、なかなかどうしてMacBookのメモリであるDDR2-667 (PC5300)はすっごく高い!Apple Storeだと512MB(256MB×2)→1GB(512MB×2)で11,970なのに、結構平気で512MB SO-DIMM×1で1万超える。
まぁ、バルクを探せばあるもんでPC SUCCESSでは1GBのPC5300 SO-DIMMが9,000強☆
即注文。2枚挿しじゃないので、デュアルチャネルが無効になる→パフォーマンスむしろ低下の恐れ有り(^^;、、、、だがそれはそれで面白い!ってことで。必要ならもう一枚購入します♪
…しかし最近金遣い荒過ぎやしないか?俺。


さて、そんな訳で早速増設チャレンジ☆
(1) バッテリーのロックを解除
MacBook_OpenBattery
[やっぱ10円玉だよね / MacBookの裏側]
(2) バッテリーパック取り外し
MacBook_EjectBattery
[カチャッと / MacBookの裏側]
(3) メモリカバー
MacBook_CoveredMemSlot
[バッテリー外して出てきたメモリカバー / MacBookのバッテリーパック跡]
…噂には聞いていたが、ビスが非常に小さい…俺の持つ武器は「ちょっと小さめのドライバー」。どう考えてもこの強敵に立ち向かうためには「精密ドライバー」ってのが必要だ。
いや、しかし、強い敵であれば立ち向かいたくなるのが漢ってもんだ!
→惨敗(;´Д`)
ビスヤマがかなりすり減りました。
明日精密ドライバー買ってきます…
[Apple Store]
http://store.apple.com/0120-APPLE-1/WebObjects/japanstore/
[ec-current]
http://www.ec-current.com/
[PC SUCCESS]
http://www.pc-success.co.jp/

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大
AdSenseレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大