simplicityパフォーマンス追求広告

久々~、PC組み立て

さて、準備は整った!
という訳で久々に組み立て。

さて、秋葉原の魔力にやられて買ってきたものリスト。 (1) ケース: S.F.F Tiny Tower Chassis / in wi...

↑のリストにはHDDが無い、がそこは今使っていないマシンに入っている80GBのディスクを使う予定。USB外付けで320GBも有るし、容量的に問題になることは有るまい。
まずはケースをオープン☆
OpenedChassis
[ケースを分解]

ケースをいじってみた感じ、剛性はイマイチ。薄く軽くすることに重点が置かれている感じで、結構たわむ感じ。まぁ、閉じてしまえば問題は無いだろう。その割に部品同士の組み合わせは意外とシビアなので、結構うまくハマらなくてイライラくることも。あと、気になったのはケースを開けると電源がネジ一本のみで支えられることになる点。電源の固定ネジとケースの固定ネジが一緒なので、ケース開ける→電源のネジも外れる、となる。これはちょっと怖い。一応配置としては電源が下になっているのはこういう構造だからかな?

さて、ケースの中にマザーボード/CPU/メモリ/HDDを組み込む。マザーボードのマニュアルを見ながら配線するが、肝心のコントロール関係(HDDランプ/電源ランプ/電源スイッチ/リセットスイッチ)のところが中途半端にしか記載されていなくて、どっち向きに挿していいのか分からないorz
まぁ、男は度胸ってことで適当に挿しておく。
しかしここで大問題発生!まずはこいつを見てほしい。
ATAPI_Connection
[ATAPI/HDD/光学ドライブの配置]

A7GM-SにはATAPIのバスは1つしかない。時代は断然SerialATAだし全く問題ないと思う。1つのバスにも2台のATAPIドライブが付けられるため、HDDとDVDドライブを両方付けてしまおうという俺の構想もスロット数的には特に問題なく思えた。
しかし、実際に配置してみると…
どう見てもケーブルの長さが足りないorz
図の赤いのがHDDとDVDドライブの場所で、緑のがATAPIバス及びケーブルの通り道。無理(;´Д`)
あああああ、何でSerial ATAのDVDドライブ買ってこなかったんだYO!大して値段変わらないのに…ちゃんと見て買わないとダメだね…
さて、解決策を考えると…

  1. 長いATAケーブルを買ってくる
    →○安上がり(1kぐらい)、○資源の有効活用、×エアフローが心配、×今更ATAPI…
  2. Serial ATAのHDDを付ける
    →○ついでにHDDが高性能に、×80GBさようなら、×高い(5k~10kぐらい)
  3. Serial ATAのDVDドライブを付ける
    →○ついでにDVDが高性能に、×買ったばかりのDVDドライブさようなら、×そこそこ高い(5kぐらい)
    今更ATAPIの長いケーブル這い回すのも嫌だし、DVDに性能もクソも無いので、(2)に決定。しかし、もはや時間的に店は開いていないので、明日新宿まで再度足を伸ばすことにして、今日はケース開けっ放し大作戦で。
    Temp_ATAPI_Connection
    [こんな感じで接続 / ケースを閉めることはできません]

そんな感じでとりあえず接続は完了したのでHDMIケーブルを繋いで起動!
…画面映らん。電源は入っているし、CPUファンも回っている。
まぁ、良くあること。とりあえずドライブ類をすべて外して再度起動。
…変わらず。
HDMIからDVIに変えて起動
…変わらず。
DVIからD-SUBに変えて起動
…変わらず。
メモリを1枚にして起動
…BIOS映ったー!
ってことは問題はメモリ?厄介だなぁ。とりあえずDDRのデュアルチャネルが問題かもしれないので再度マニュアルをチェック。
DIMMスロットは1~4まで有り、シングルチャネルで使いたいときは1,3スロット、デュアルチャネルで使いたいときは1,2スロットに入れれば問題なさそう。今までは当然デュアルチャネルで1,2スロットに入れていた。
試しに2枚目をスロット3に入れて起動
…BIOS映った…デュアルチャネルがダメってこと?
諦めず1と2のメモリを入れ替えて起動
…BIOS映った—(°∀°)—!!
その後なぜか再度入れ替えても問題無し…挿し方が甘かったか?良く分からんが動いたので良しとしよう!
HDDもDVDドライブも問題なく認識し、後はOSだ!
つづく

さて、OSは当然Linuxだ。 候補は以下。せっかくなので64bit必須で。 (1) openSUSE 11.0β AMD64 (2) ...
スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大
AdSenseレクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大