simplicityパフォーマンス追求広告

付けっ放しはいいね!

さてさて、仕事で2週間ほどLogicool VX Nanoを使ってみた。
はっきり言って、すごく、、、いいです。
まず以前の標準添付マウスの問題点、「マウスカーソルが良く跳ぶ」→完全解消。さすがレーザーマウス!
マウスのサイズはちょっと大きくなったし、電池が入るので重くなったが、気にするほどのことはない。なにより無線になったというのは煩わしさがなくて良いわ~。ケーブルの何が嫌かって、カバンに入れて出すと、大抵他のものと絡まってくること。使っているときより収納時の邪魔さの方が気になるのよね。
ほんで、VX Nanoを買っている人の9割はここに惹かれていると信じるレシーバの小ささ!挿してみると意外と出っ張っていたけど、それでも問題無し。
VX_NANO_01
[この小ささ! / 赤丸の部分がVX Nanoのレシーバ]
Bluetoothみたいな内蔵型には勝てないけど、まぁ会社のPCはBluetooth内蔵じゃないし、仕方がない。写真を見れば分かる通り、どうせPHSカードを挿しっ放しにしてるから、そこよりでっぱりがなければ邪魔にはならない。ちょっと金属部分が出ているのは気になるが、まぁPCによってここの出っこみ引っこみが有るようなので、仕方がないのかな。
VX_NANO_UP
[微妙に金属部分が出ているのが気になる]
こんだけ小さいと取り外し時に無くしちゃうことまで有りそうだけど、、、まぁ、まず外さない。これは一番の解決法!もし外した場合も、電池カバーを開ければきっちり収納庫は付いている。カバーを開けて収納なので面倒といえば面倒だが…普通は外さないしね。
VX_NANO_Rev
[電池カバーを外したところに収納場所]
あと、ちゃんと背面には電源ボタンも付いているのでON/OFFきっちりできて安心☆


そんなわけで俺の期待にはバッチリ応えてくれたVX Nano。その他の機能はというと…
– ハイパーファストスクロール
– フォアード/バックボタン
– プログラム可能な5個のボタン
– 横スクロール
→一切使っておりません(^^;。いや、会社のPCにLogicoolマウスウェア入れるのもアレだし、別に使わないので普通の2ボタンマウスとして満足しております。一応ハイパーファストスクロールは標準ドライバでも使えるけど、まぁあんまり速いスクロールを欲する場面が無く(–;
まぁ、普通のマウスとしても使い心地は素晴らしいしボタンは2つ、せいぜい3つぐらいまでしか使いこなせないので問題ないでしょう!


スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大
AdSenseレクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大