simplicityパフォーマンス追求広告

M:tG 懐かしすぎる

Magic: The Gathering – Duels of the Planeswalkers がXBOX LIVE ARCADEで配信されていた。
高校の頃、随分金を使った覚えがある。遊戯王の元祖みたいなやつだ。
カードゲームとして色々な駆け引きがあって楽しかったのもあるが、何しろカードのイラストがかっこ良かった。眺めながらニヤニヤしているだけですごい時間を使っていたような気がする。まあ、高校卒業できっぱり足 を洗うべく、友人に全て譲ってしまったが。大学行ってもやってたとしら、それこそとんでもない金をつぎ込んでいたかもしれないな~。
さて、そのM:tGがHDでお安く楽しめるってんだから、買わない手ない!
さっそく落として適当にコンピュータ相手にデュエル...やべえ、ワクワクしてきたぜ!俺がやってたのは4版ぐらいだったかな。Planeswalkersは10版ベースらしい。
結局数時間遊びこみましたよ。英語版だけど、大して難しいことは書いてないので慣れれば無問題。ややもっさりな感じはするが、雰囲気も派手過ぎずいい感じ。取りあえず3日でキャンペーンクリア。基本は対等なデュエルなんだが、ラスボスは流石に強かった。やはり運が無いとあっさり負けるね。
さて、不満点はと言うと...デッキが編集できない!これに尽きる。10種類ぐらいの基本デッキにそれぞれ17枚の追加カードを入れるかどうかの選択肢しか無いって(基本デッキのカードは抜くことすら出来ない)...誰がやってもそこそこのデッキになるけれど、変わった構成には出来ない。
これ、LIVEで対戦しても相手のデッキ丸分かりってことだよね...
たのむ、追加でゲイツポイント払うからデッキ編集入れてくれ~。

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大
AdSenseレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大