simplicityパフォーマンス追求広告

Aspire one 722 でWindows10とchromium osの比較

前記事

結局待ちきれず、Aspire one 722 Windows10化
我が家の瀕死サブノート、Aspire one 722さん。 てなことを言ってクリーンインストールまで待とうかと思っていたけれど、結局待ち...
Aspire one 722復活の時。。。はもうちょっと先
impress - 7/8/8.1のプロダクトキーでWindows 10のアクティベーションが可能に ついに来たか。我が家のAspire o...

Windows10とchromium os

さて、我が家の無印Aspire one 722にはどちらのOSが良いんだろうか?

  • Windows10
    Microsoftの最新OS。Windows7からそこまでインパクト無くスムーズに乗り換え可能。重くなっている感じはないけれど、だからと言って軽くなっているわけでも無し。余りたいしたことはしないけれど、使い慣れたサクラエディタが有ることが一番のメリットか。
  • chromium os
    Google Chrome OSのOSS版。使ったことないけれど、最近海外ではChrome OSを搭載した軽量ノートPCであるChromebookがかなり流行っているらしい。ただ、結構ハードウェアサポートはシビアらしく、色々動かなかったりするらしい。

とりあえず欲しいのはこの貧弱なAspire one 722のスペックを補ってくれる速さ。。。!chromium osはUSBメモリからでも簡単に起動できるらしいので、手元の空きSDカードをUSB接続して試してみた。
なお、Aspire one 722はSDカードからのブートはできないっぽい。SDカードブートができたらUSBから飛び出ないで済むのでかなりスマートなんだがなぁ。

なお、 Chromium OS カスタムビルド配布ページ からイメージは頂きました。ありがたやー。

起動速度比較

携帯カメラでブレブレテカテカながら撮ってみた。動画の編集ももはやPC使うよりスマホでやった方が便利なぐらいなんだなぁ~。

Aspire one 722 Windows10 vs chromium boot

比較結果

どちらもデスクトップ表示までのスピードはほぼ同じで01:30ぐらい。chromium osの方が、ブラウザ起動まで含まれている分、作業開始は早いと言えるか。Windows10はここからChrome起動に1分ぐらいかかる。

なお、Windows10は内蔵HDD、chromium osはUSB SDカード起動なので、全く公平な条件ではないので注意。

使ってみた感じ

まぁ、Windows10の方が使いやすいね!

  • 軽快さはどちらもあまり変わらない。chromiumだから軽いって訳でもないのでした。。。
  • タッチパッドの右端スクロールはWindows10のみ。ベンダドライバでやってるから当然だけど。chromium osは二本指ドラッグでスクロール。Macbook思い出す感じだ。
  • 動画はWindows10の圧勝。chromium osではYoutube動画がガクガク。これはドライバのできが違いすぎると思われる。chromium osはIntelチップセットに最適化されているみたいだしね。
  • 割りきった機能性とセキュアな感じはchromium osの特徴。まぁ、今回はあまり関係無い。HDDがキツキツ、とかならこの仕様はかなり有り難いと思われる。

総評

chromium osはブラウザ主体、WEB主体ならかなり遊べそう。ただ、そこまで動きが軽快って訳でもないのは注意か。あと、Androidと何が違うの?てのはある。chromium osでできることよりAndroidでできることの方が幅広いぐらいの勢いなのである。なにしろアプリ数の桁が違う。chromium osはむしろ出来ないことでセキュリティを高めている、って感じだから企業とかの方が向いていると思われ、つまりはChromebookの方が答であり、chromium osはいわゆる そのもので遊ぶ人向け だなぁ、と思った次第でありました。



スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大
AdSenseレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレクタングル大